<< バルナックライカ3aテスト完了! | main | ゾルキー6をレンズ付きで・・・ >>
フレクサレットについて・・・。
フレクサレット2もしくは3は
rainrootsの2眼レフの定番にローライコード3と共に考えています。
先日入荷し販売済みで・・・。
説明等が書けないまま通販で送りましたので
その方のためと今後も考え走り書きします。


画像の左上はシャッターの切り方です。
指のがあると事がシャッターレバーでこのレバーをスライドさせる事で
シャッターが切れます。(ローライコードも同じ感じです)
シャッターを切る前にチャージが必要なのですが
同じ画像の左中央のレバーがチャージレバーです。
写真の状態がチャージ中です。

右上の画像が
ピントレバーです。
このレバーを左右にする事でピントが合います。

左下の画像が
ファインダーの閉じ方ですべて手動でまず左右のハネを交互にたたみ
画像の用に後ろをたたみ最後に前を・・・そんな感じです。

右下の画像が
ピントルーペの出し方です。
正面の部分を押すとルーペともども画像のようになります。
その後前のハネのみ戻しピントを合わせます。


フレクサレットの一番の難関というか特殊な構造は
裏蓋の開け方です。
左上から右上そして左下の順番で


ファインダのすぐ下の左横の小さな出っ張りが

ネジになっていて緩めていくと飛び出てきてその飛び出た出っ張りを押すと

パカット開きます。


その後右下の画像のように
フイルムを巻き込みます。


最後に
カウンターはホルガと同じで赤窓での確認になります。
暗いところでは何か明かりを持っていなければなりません。

しかしこの部分も手動のため非常に壊れにくなっています。
2眼レフの故障の原因の多くがオートマットだと思います。

右の画像は
MXVのセレクトです。
MXはフラッシュの設定なので使わない場合はどちらでもかまいませんが
今のフラッシュの設定はXになります。

注意はVで
これはセルフタイマーです。
rainrootsのカメラは基本この部分もチェックしますが
仮にこの部分に不具合があるカメラで使うと最悪セルフ状態が進まず
シャッターが切れなくなり修理になる場合がありますので
注意が必要です。

走り書きで誤字脱字やまだまだ足りない部分がありますが
今回はこのくらいで・・・。

また入荷しましたら追記します。


| rainrootsblog | rainrootsのカメラ | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.rainroots.main.jp/trackback/1019574
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
  • 第2回レインルーツ青空さつえい会やります!
    Pola Park (04/28)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE