毎週日曜は11:00から「写真の時間」です!

本日も
もちろん写真の時間です。

営業時間の僕は基本・・・ ながらでしかお話が出来ません。
現像しながら・・・プリントしながら・・・。
イライラバタバタしながら・・・もあるのが反省です。

なので
全くフリーな時間を週1回のこの時間に2時間ほど作る事にしました。

ただそれだけです。

まじめに写真の話をしにきてもらっても
カメラの使い方や
このプリントの事・・・。

このカメラを買おうと考えているでも
白黒現像がうまくいかないプリントも

カラーのプリントの方法を知りたい
そもそもアナログって?


なんでも話にや相談しにきてください。

来てもこなくても店は開けています。

しかし通常の営業は12:00からです。

| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 06:07 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
【募集】3/10 プリントの時間の募集と前回の感想など・・・
今週も3/10 日曜日の18:30からスタートします。
定員は3名になります。
参加費は2500円です。
(参加費に1本分の同時プリント代と6切代を含んでいます)

参加したい方は何らかの方法で予約してくだい。


プリントの時間の内容は
当日の17:00までに撮影済みのフイルムを1本現像に持っていきください。
(カラーネガのみ)
時間になりましらいろいろ話しながら
通常の同時プリントをしている後ろに参加者に集まってもらい。
いろんな行程や頭の中で考えているを出来る限り分かりやすく言葉にして焼いていきます。
この部分が結構いろんな事を含んでいます。

その後テーブルに集まり
出来上がりを参加者みんなで見ながら出来る限り可能生を求め突っ込んでいきます。

その後
1枚をセレクトし(この部分は焼きたいネガを持参してもらっても大丈夫です。)
その後話をし色見本を作りグッと来るプリントを1枚焼いて終了になります。

気になる方は是非参加してみてください。
いまいちわからない方は聞いてもらっても良いですが
参加してみると即理解できると思います。

3/3の感想
今回は3名の予約でしたが
2名の方と1名の見学の合計3名での時間でした。
少し日々の疲れもあり頭の回転の出だしが悪かったのですが
今回も無事に終わりました。

いままでとこれからのプリントの見方が変わる感覚・・・。
そんな感じでした。
やはりこのライブ感は僕のとっても結構楽しく。
最後は大きく伸ばしたプリントをその場で色決めて仕上げて終わりって感じの
即完結って良いです。

また楽しみにしています。


2/24の感想
今回は1名でのプリントの時間でした。
郵送で何度かやりとりをした静岡の方が参加してくださいました。
初対面ってこともあったのでなかなか言葉が少しスムーズに進まなかった事は
反省しつつ・・・でもおそらくパーッと広がる感覚は持っていただけたのではっと
思っています。
今回はBWの白黒の手焼きの注文もサシでしたので
ゆっくり話をする事が出来ました。
1名でもやる事にします。


2/17の感想
今回は土壇場で1人増え3名でのプリントの時間でした。
毎回参加の方もいるので
同時プリント時の話も幅をだして行きます。
この部分ももちろんですが
参加者同士が同時プリント作業を見てそのプリントを各自見たりし
最終的に伸ばす所まで見るこの感じが結構面白いらしいです。

その流れでいろいろ話をします。
今回は黄色い写真集から「生きている」まで・・・。(佐内さん)
ティルマンスの話など
後は思い出せませんがそんな感じで最後は1枚伸ばして終了しました。

その時の話の流れでのサンプルがこれ↓


アナログ露光でも
印画紙の可能性はまだまだパーッと広がっていきます。
良いか悪いかは別として・・・。
その辺もその場のながれでどんどん突っ込んでいければと思います。



2/3の感想を書いておきます。
募集期間が2日なので
こちらから誘った方と当日聞いてきてくれた方の
3名でスタートしました。

今回話した事は
ネガを即切る意味。
なぜ補正なしがありえないのか?
人の見る色にこの空間の色から個々の見ている色の違いなど
35mmのプリント方法と120フィルムの方法の違い。

裏印字のNNNNの意味と無意味さ

フイルムの状態の事
写真が生ものである事

まだまだ沢山あったかと思います。

今回S6サイズのプリントでも最終の詰めの部分で
明るさを少し濃くする事や色をほんの少し変えるだけと
撮影者の見ていたところを認識するだけて
同時プリントからどんどんグッと来る部分に持っていく事ができていました。

参加者3名のみなさま
急遽の募集に参加を決めていただきありがとうございました。
何度でも参加してみてください。

その時はどんどん違った切り口で突っ込んでいこうと思います。
気が向いたら感想もお待ちしています。


| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 23:44 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
【急募】あしたのプリントの時間あと2人!!
またまた土壇場まで募集です。
今は1人ですので・・・。
あと2人です。
気になる方は是非参加してみてください。

パーッと開けていきます。
多分。



 
| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【急募】2/17 プリントの時間やります!(予約2名に)

参加者2名になりました。
あと2名土壇場まで募集します。
興味のある方は当日でも声をかけてください。


2/9は1名の参加でした。
サシで突っ込んでプリントの時間をやりました。

今回は2月17日の日曜日にやります。
定員4名まで
参加費2500円で

詳細は下記のリンク先を見てください。

基本は2名でって感じですが最初はいろいろ手探りでやっていきます。
まずは相談してください。

間違いなくパーッと前が開けると思います。
楽しみにしています。




| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「プリントの時間」を突然スタート!!
前々から考えていた事ですが
ここ数日はもっともっと考えていたので


来週からとは言わず!
明日明後日の2月3日の日曜からはじめてみます。

人数によって変えるかもしれませんが
夕方の6時30分から2時間ほどでやります。

まず考えているのが
定員6名まで
その日の4時までにカラーネガのフイルム1本を現像に出しにきてもらって
プリントの時間内に僕がプリントしますのでその時に近くにいてもらい。
目の前でプリントしながらプリントやフイルムの事や今の補正の理由など
出来る限り話ながら一気に焼いていきます。

出来上がった写真を見ながら同時プリントのプリントの感じ方やいろんな話を
出来る限りして行きたいと思います。

その後
そのネガからでも良いのですが
それ以外に作品として焼きたい写真がある場合は持ってきてもらい。

話をしながら色見本を作り
その後最終的に1枚焼き上げます。

明後日は最初の第一歩で
その後基本毎週1回時間を作りたいと思います。

1回参加でもかなり目の前が広がると思いますし
何度も参加してもらう事でもどんどん理想のプリントだけではなく
理想の撮影や幅広い視点を持ってもらえると思います。

毎週日曜日かはまだまだ未定ですが
日曜もしくは金曜日に時間を作ると思います。

基本予約してもらいますが
人数がいっぱいでなければ当日参加も可能です。

最低2名以上ではじめます。

まだまだ詰めなければなりませんが
気になる方は明日明後日までに連絡ください。

こちらからも誘うかもしれません。

急すぎるので参加者が集まるとは思えませんので
おそらく普通に淡々と作業しています。

参加費があります。
同時プリント代と6切プリント代込みで
2500円を考えています。

以前一度似た事はやりました。

| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
出張・写真の時間として伊丹豪さんのオープニングに・・・。
参加させていただきます。


小林豊くんの写真展の時にはじまった?「出張・写真の時間
もしかしたらとはon readingの黒田さんから聞いていましたが

本当にあります。

写真家 伊丹豪さん。

まだ実際にお会いしたことはりませんが
以前on readingの黒田さんの紹介で?そんな感じで
伊丹さんのフイルムの作品を手焼きさせていただきました。

その時のメールでのやりとりは僕にとって興味深く
いろいろ考える切っ掛けになりました。

アンチデジタルではないとは言いつつも
もろにドップリアナログ三昧で・・・(うらしまたろう)

デジタルで新たな可能生を求めて作品を作り続けている
伊丹豪さんの言葉はある意味新鮮でした。

デジタルとアナログの選択種を明確に感じるには
良い経験でした。

もちろん伊丹さんの経歴にあるように
写真新世紀での作品はフイルムによる作品。

今回この話を受けるにあたり
無理なお願いをしました。

フイルムで数本撮影してください。
そしてそれを同時プリントさせてください。
その後セレクトしてオープニングまでに手焼きで大きくプリント。
そのプリントも一緒に話が出来ると何が伝わるかはわからないが
デジタルやアナログと言う物が明確に参加者や自分に伝わるのではないかと・・・。

VSではなく
新旧ではなく選択種

正直何を話すのかは何も決まっていません。
なんか不安もありますがそれ以上に楽しみです。

平日の夕方なのですが
是非少しでも気になる方は来てみてください。

伊丹さんの展示に囲まれてそんな話を一緒にしてみませんか?





| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ELVIS PRESS夜話『出張・写真の時間』おわって!!
どんな感じになるか
全然わからないまま・・・。
何人来るかも?ままでした。

会場のON READINGさんについて
店内に結構な人がいたのでホッとしたしビックリしました。

数えていませんが結局主催者あわせて30名はいなかったと思いますが


想像以上の人で

最初は戸惑いながらスタートしました。

上原さんには毎回助けられます。
進行していただける方がいるのは本当にありがたい!!

今回最初に自己紹介的感じで
小林君は展示が・・・。オンリーディングさんは会場が
上原さんは現在作っている本の事についてを!

そして僕はトータル38枚の今まで依頼頂いた方に協力してもらい。
半切から大全紙の大きさのプリントをまとめさせてもらった物を
見てもらいrainrootsを感じてもらいました。

今回も悪い癖でしゃべりすぎました。
考えていることややっている事をあまり普段は出さずに淡々とプリントしているのが
毎回しゃべる機会があるとドーンと溢れ出し時間をあっという間に使ってしまいます。

その事もあり
自己紹介部分が時間をとった事は僕が反省すべきところでした。

しかしこのときにごく表面ではありましたが
考えている事やrainrootsをやっている事を少し押し付ける事ができたのは
何らかの変化をもたらしてくれそうだと・・・。

この場を企画し混ぜてくれた小林君やON READINGの黒田さん岩上さん上原さんには
感謝感謝です。


今回全紙半切ファイルに参加してくれて方も沢山来ていただいていたので
上原さんのアイデアで撮った方に写真を目の前にしてもらって少し話してもらいました。
撮った人の言葉が改めて聞けた事が結構面白かったです。


一度休憩に入り
本来のテーマの写真集で話をはじめました。
僕は
今回は林田摂子さんの『森をさがす』と『島について』
その紹介のしめに金村修さんのジャーマンスープレックスの
説明の紙を読み上げその後脈絡も怪しい感じでどんどん話した記憶があります。

その後小林君が高橋恭司さんの『異本 ザ マッド ブルーム オブ ライフ』
を取っ掛かりにて話しON READINGの2人もその流れで写真と本との可能生を
紹介して最後に上原さんはむかしのどこの誰かもわからない人のアルバムを取っ掛かりに
話して・・・今回は終了しました。

結局23時に終了しました。

休憩中も今回持っていたファイルを囲んでみんながしゃべっている感じが
すごく印象に残りました。

翌日のrainrootsにも参加者が沢山来てくれて
感想も聞け刺激や興奮を伝えてくれて嬉しく思いました。

なんか
グッと来ますね!

今回のテーマが最初に僕がグッとを連呼したことと
実は黒田さんや岩上さんも上原さんも『グッと』を最近使ったり感じていたようで
そう考えると小林君も・・・。
『グッと来る』になっていました。

こんなにたくさんの方が喋るときに『グッと』を使った集まりは無いと思います。

写真だけではないと思うのですが
特に写真はここがこうゆうふうにいいではなくグッと来る物が僕のなかでは
響いてきます。

プリント作業もグッと来るか来ないかを感じプリントしています。

この文章も毎回ですが走り書きで誤字脱字も多々あると思いますが
お許しください。

次回ももしかしたらあるかもしれません。

正直言うと僕も基本毎日疲れきっていて即寝るのですが
その日は興奮で寝れませんでした。

いい日でした。

| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【重要】24日は閉店18:30の事について!!
本日から
six
YUTAKA KOBAYASHI Exhibition
はじまりました。


12月18日までやっています。

明後日の24日土曜日は
ELVIS PRESS夜話 『出張・写真の時間』が
19:30からON READINGであります。

それにもちろん参加するために18:30には閉店予定です。

入場無料で予約も必要ありません。
詳細は
2つ前のブログを見てください。

今回の小林君の展示は興味深い・・・。
できれば24日前にみて夜話を聞きにそして話をしに来るのも良いかと!

今回
久保和範/小林豊/塚田悠貴/林直美/ハヤシヒロキ/宮脇チエ/松浦恵介/ZICO/湯地信愛/・・・/(おそらくあいうえお順)
9名+自分の合計10名参加で
半切/全紙/大全紙で合計35枚以上を下記の画像のB2のファイルに入れて持っていきます。


かなりグッと来ます。
アナログ露光の存在感がドンと伝わると思います。

沢山の方に見ていただきたい!!

そう思う作品が詰まっています。

まだまだ
ギリギリまでオファーするので
増える可能もあります。

今の段階ではこんな感じです。



| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ELVIS PRESS夜話『出張・写真の時間』について!

↑ELVIS PRESSから・・・。

今回僕も話の中に入り写真の事について
集まった方たちと話をする時間です。

正直何を話すとかテーマはなくその場で話が転がっていくと思います。
中心はもちろん今回22日からrainroootsで展示をする小林君でしょうし・・・。
以前も進行をしてくださった上原さんにこの集まりの会場でもあるON READINGの黒田さん岩上さんというメンバーです。


この時に向け
2つ僕らが決めている事があり
1冊の写真集を持っていく事。
あとはそれぞれの自己紹介のような物を用意する事。

小林君はrainrootsの展示や写真集
ON READINGさんはその会場そのもので
上原さんは現在制作中の本の途中経過を・・・。

で・・・
rainrootsの僕は
何をって考えたときに
一番rainrootsを感じてもらえる物は・・・。
手焼きのアナログ露光のプリントを見てもらう事。
最小サイズが半切で最大が大全紙を
B2のファイルにいれ合計30枚以上を持っていくつもりです。

後日正確に書きますが6名以上のいままで依頼いただいた方から
作品をお借りしています。

このファイルはまだ完成していませんが
今の段階でもグッときます。

「出張・写真の時間」の話も良くも悪くも興味深い物になると思っています。

興味と時間のある方は是非24日にいらっしゃってください。

ELVIS PRESS夜話『出張・写真の時間』 
2012.11.24.sat 19:30- 入場無料 
会場:ON READING(名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A) 
小林豊(写真家)、上原敏(SCHOP)、黒田義隆&岩上杏子(ON READING/ELVIS PRESS)、湯地信愛(rainroots)
| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 15:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
写真に時間の感想とS8+の感想など・・・。
突然の開催した。
『写真の時間』でしたので・・・。
今回は掃除だけでもそれはそれで店のために良い事だから・・・。
そう思いおそらく11:00ぐらいまで細かく整理整頓していました。

そこに
1名店頭でS8+を注文してくれた方が来てくれました。
ここから今回の『写真の時間』はスタートしました。

まずはS8+の選んだ理由など

理由はなく瞬発力でこれって選びました。
でもその写真の雰囲気に可能性を感じ・・・。
その流れでどんどん脱線を繰り返し人間の見る色実際に存在する色に理想の色
僕が見る色にあなたが見る色・・・時代も・・・。

だったら今目の前にある色はなんでもない。

曇り日もしくは雨寒い雰囲気をネガの色が持っているので
それを少しだけ強調したプリントで・・・。

そんな中もう1名が来店され今回は3人で結局13:00ぐらいまで話していました。

内容は
カメラの話
どんどん脱線をくりかえり僕は話している最中に出発点を何度も見失いました。
音楽と写真そして絵の話。

そんな感じの写真の時間でしたが
2名の方の感想はわかりませんが
継続したいと思うものでした。

基本毎週 日曜日の11:00〜
店を開けています。
誰もこない場合は掃除やプリントなどやっていますので

『写真の時間』継続してやっていきます。


S8+の現在の感想は

正直に言うとめんどくさい!時間がかかる・・・。
でも
非常に楽しく目的を明確にとらえていると考えています。

ので

基本当分継続します。

今までの場合は
(今日郵送の方に返事で書いた文章を結構使います)
rainrootsの同時プリントでの一喜一憂は
あくまで過去の写真屋さんの均一なプリントへの否定。
・・・。
しかし
やはり最終的にrainrootsの同時プリントの否定で
一番健全な状態になると・・・。

(否定はインパクトであくまで提案にすぎない事で答えではなくそもそも答えはない・・・・)

でもなかなか良い方向がなく
今回のS8+は今までで一番いい方法で
一番狂っていて面白いと思ったのでやる事にしました。

店頭でも郵送でも選び方の質問が・・・。

選び方は
その都度違ってきます。

まずは写真の力のある物で
出来れば1枚で完結していないものなど

場合によっては
自分の写真として選ぶ場合もあります。
この人なら・・・って感じでは選ばないようにしています。
でもあえてこっちって感じもなしで
あくまでニュートラルに。
可能性を感じられるまたは違う方向に行けそうな物・・・。

まぁ曖昧って事です。

白黒は断るかもしれません。
なぜかは簡単です。

このカラーの機械でのプリントが
極みではないからです。
白黒の印画紙に焼く事が一番なので
なんかもやもやしそうなので
受け付けてもプリントせずに返す事もあるかもしれません。

カラーでも無理矢理にプリントするのではなく
同時プリント注文6本中4本の中から4枚だけS8+でプリントする事も
今後あると思います。

今日は時間がなくなったので
また
気がついた事は追記します。
| rainrootsblog | 写真の時間/プリントの時間 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
  • 第2回レインルーツ青空さつえい会やります!
    Pola Park (04/28)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE